Information

★ガラテア★

Author: ★ガラテア★

CABAL online
現在絶賛休止中
∞アナスタシア∽
★ガラテア★(旧メイン)

ガンダムジオラマフロント
ハンゲ鯖で活動中

オクタビア

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
ちぇりおーさんがハック被害から復旧されました!

移管前に復旧されて、ホント良かったです。

来週からは仕事も一段落着くそうで、家の仕事を見ながらでしょうがインもできるとのこと。

嬉しい限りです。




昨日ですが、こなさんのつてでBLACK LAGOONのありすさん、AQUILAの卯ノ花さんと4人で

マキナに行ってきました。WAx2、BLx2という脳筋PTでしたが、

御三方のお陰でわりと余裕をもってクリアに漕ぎ着けました。

久々のマキナ、久々のPT活動で改めてMMOの楽しさを再認識。

やっぱ、オンラインゲームってこういうのが楽しくてやってるんだよね。

今後、こちらからも声を掛けて遊べたらいいな~と思います。




今日は、ちぇりおーさんがインしてきたので、復旧祝いということで、

いちごさん、ちぇりおーさんの3人でT2へ。

ちぇりおーさんがいつレイズ入れてくれるのか、生暖かい目で見つめつつプレイ。

最後に少しバタバタしましたが、楽しく活動できました。

その後、少し3人で話したのですが、今後はなるべくPT活動をしようという話になりました。

自分達で楽しくしなければ、何も変わって行かないですからね。

誰かに頼るのではなく、みんなで少しずつ荷物を持ち合いましょうよ。

だから、遠慮はもう禁止。


スポンサーサイト
物語シリーズ最新刊「愚物語(おろかものがたり)」。

先日、発売になったばかりの原作本を息子が購入してきました。

残業で帰ってきたら、「お帰り~」より早くこのことを報告する息子って・・・。

早く読み耽りたいところですが、週末まで楽しみは取っておくことにしましょう。



CABALの移管先、決まりましたね~。

まさかのESTsoft!

開発元が運営とか、どこも引き受け先がなかったって事でしょうか。

いよいよもって、最後の切り札を出してしまいましたね。

これが最後の移管となるでしょうから、残る余生、精々楽しむ事にしましょう。

久しぶりにCABALのことでも・・・。

運営移管のことがあっての事なのか、公式掲示板で賑わっているのは引退売りのスレばかり。

MAPにあれだけ沸いていた自動操縦WAやFS達もすっかり姿を消し、

CHのゲージも1~2メモリ程度に落ち込んでいる状態。

今、CABALにインしている人たちは、自分を含めて行くあてのない人だけなのかな・・・。



当然、G内の過疎っぷりも御推察の通り。

みやさん、うずらさん、雪女さん、ポネさんはG脱退。

てぷさんやちぇりおさん、こなさんにもしばらく遭遇しておらず。

皆勤賞なのはいちごさんくらいでしょうか・・・。



過疎になって改めて感じるのは、このGはいい意味でも、悪い意味でもギルマス依存の強いGだな~と。

結局、ギルマスであるルイス氏を中心にギルメンの関わりが保たれている感があるので、

ルイス氏がインしないとGチャも御通夜状態。

当然、PT活動は皆無なわけで、おのずとソロでデイリーをこなすだけのルーチンワークに収まります。

本来は、もうちょっと横のつながりに重きを置くべきだったのかもしれません。



勿論、私自身の問題も多々あったと感じています。

なので、これは批判とは受け取らないで欲しいです。

批判ではなく、後悔でしょうか・・・。

決して仲が悪いわけではない。

でも、決してお互いが踏み込まない。

良く言えば、気遣いができる。悪く言えば、引っ込み思案。

結局、それをギルマスのリーダーシップだけに委ねたツケが、今、回ってきたように思います。

それほど、ルイス氏の存在が大きいということです。

ルイス氏の言い分では、アカハック等でフレを失いCABALに対するモチベが落ちたということですが、

敢えて苦言を呈するならば、


去っていった人間よりも、ギルマスを慕いまだGに残っている人間の方こそ大事にすべき


なのではないでしょうか?

まぁ、強要はしませんし、する気もありません。

ただ、ルイス氏のブログを見ていて、私自身が思っていた事をぶちまけているだけです。





自分の進退に関しては、敢えて語るつもりはありませんが、

アカハックやら運営移管やらの外的要因で辞めるということだけはしたくないです。

辞めるときは自分の意志で辞めたいと思っています。

つい先ほど、終物語第1話「おうぎフォーミュラ」鑑賞してきました。

第1話は物語の性質上(犯人当てという探偵風な話)、一気に放映するという話は事前に知っていたので、

あの大勢のクラスメイトをどうやって描くのか興味がありました。

結果、主人公、戦場ヶ原、老倉以外のキャラクターは名前だけという演出になったわけですが、

さすがシャフトさんって感じの演出技法でした。

原作では長々と語られた「おうぎフォーミュラ」をよくぞ1時間でまとめたと感心させられました。

そのエンディングの終わりのCMにて、傷物語の上映CMが流れたわけですが、

全3部作で、初回鉄血編が2016年1月8日の全国上映となったようです。

息子と一緒に見ていたのですが、二人揃って声を上げてしまった次第です。

友人誘って、見に行ってきます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。